ご応募ありがとうございました
新人大賞 賞金100万円贈呈

該当作品なし

優秀賞 賞金30万円贈呈

該当作品なし

佳作 賞金10万円贈呈 作品名「spica」作者「なぎの(19)」佳作 賞金10万円贈呈 作品名「spica」作者「なぎの(19)」

自分ではごく一般的な女子高生だと思っている桜子には、ある悩みがあった。それは、目付きが悪いらしいということ。学校でも孤立していた彼女だが、とあるストラップをきっかけにかわいいを体現したかのような少女・梅と一緒に、初めての原宿へと繰り出して……!? 女子高生二人が心を通わせる展開に、頬が緩んで戻らない!ジヘン新人賞受賞作初の百合漫画!

審査員コメント

詩原ヒロ先生(オンラインの羊たち作者)「見せゴマの絵が魅力的」

編集部総評

タイプの違う女の子が、ちょっとしたことをきっかけに惹かれ、仲良くなっていく過程を楽しく読むことができました。 ビジュアル面、性格面で二人のキャラクターの違いを表現しようとし、それぞれの魅力を出すことができていたと思います。 もう少しキャラクターの持つコンプレックスを強調し、ストーリーや人物造形にメリハリをつけることを意識して、今後の作品作りに取り組んでもらいたいです。

作家コメント

自分の好きなように描いた漫画です。こんなふうに賞をもらえたこと嬉しく思います。 次も自分らしく好きなように漫画を描けたらいいなと思います。

審査員特別賞 賞金10万円贈呈 作品名「告った先輩が雪女だった話」作者「清水崇史(20)」審査員特別賞 賞金10万円贈呈 作品名「告った先輩が雪女だった話」作者「清水崇史(20)」

大学生の主人公は、一目惚れした先輩に、思いを募らせ告白。しかし先輩から返ってきた言葉は、まさかの『雪女』であることのカミングアウトだった……! 赤面した頬の熱さで先輩も溶けてしまうような、ニヤニヤ必須のラブコメディ!

審査員コメント

岩岡ヒサエ先生(孤食ロボット作者)「コマの使い方が上手」

編集部総評

先輩のちょっとした表情が可愛く、楽しく読むことができました。「雪女の先輩と付き合いたい」という目的が明確で、内容も理解しやすく読みやすかったです。 今までの雪女像と違う部分を出したり、あるいは主人公の妄想や行動をもっと突き抜けさせたり、この作品ならではの強みが出せると、なお良かったと思います。そういった点を次回作には期待したいです。

作家コメント

受賞のお知らせをいただいた時は40度の熱にうなされていたので、夢でなくてよかったと思います。頑張ります。

奨励賞 賞金1万円贈呈 作品名「vitality」作者「リイチンジイ(24)」奨励賞 賞金1万円贈呈 作品名「vitality」作者「リイチンジイ(24)」

核戦争により、生物の棲めない環境へと激変した世界。最後に遺されていたのは一人のロボットだった!? 彼女は自身の発明者である博士の命令を、気が遠くなるほどの時間をかけ遂行していたのだがーー。我々が、将来辿ることになるかもしれない可能性を描いたSFストーリー!!

審査員コメント

新人賞事務局長「絵も細かく描かれていて読み応えあり」

編集部総評

ストーリーが分かりやすく、アンドロイドの生みの親である博士の命令を、最後まで愚直に遂行する姿にグッとくるものがありました。また、細部まで描かれている絵は作者のこだわりを感じさせます。 次作ではストーリーの面で、読み手の予想を裏切るような、何か仕掛けのある作品を期待しています!

作家コメント

自分が受賞できるとは思わなかったので、嬉しいです。講評がとても丁寧で、多くのことを学びました。ありがとうございます。これからも頑張ります。

ジヘン編集部も2019年は3年目に突入し、いっそう多くの新人作家に出会える場を作っていきたいと考えています。 今回の新人賞では、編集部内選考13作品中3作品が受賞し、デビューしやすい編集部となっています。 編集部への持ち込みや投稿、漫画イベントや漫画学校の他、新人が実力を試し読者を獲得しながら成長できるプラットフォーム作りも進めています。 今年もより多くの才能に出会えることを楽しみにしております。

出張編集部について

ジヘンでは毎年の新人賞だけではなく、専門学校やコミティアなどでの出張編集部を行っております。ご担当者の方は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
ジヘン新人大賞2020
2019年大型新人賞開催予定

詳しくは近日告知